• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
デキる弁護士の遺言書

ブログ

デキる弁護士の遺言書

2014年11月27日|近藤会計

 

  遺言書

私は全財産を妻○○○○(昭和30年3月3日生)に相続させる。

平成26年11月27日

○○○○ 印

 

以前受講した研修で紹介されていた、デキる弁護士が提案する遺言書の例文。
遺言書の作成で来所されたお客様に、まずはこの一文の自筆証書遺言を書いてもらうそうです。

これで、公正証書遺言への一歩を踏み出し、
仮に正式(?)な遺言書を作成する前にお亡くなりになられても、
被相続人の遺志を明確にしておけるとのこと。

なるほど、と思いました。

この一文なら誰でもその場で書けますし、遺言書に対するハードルもグッと下がると思います。お客様に実際に実行していただくのが何よりも大切です。

でも、一刻も早く正式な(例えば遺留分を考慮した)公正証書遺言書を作成する方がベストですね。 

 

平成25年度の相続税調査状況

2014年11月26日|近藤会計

国税庁より、平成25事務年度の相続税調査状況が公表されたとのこと。
相続税の実地調査件数は11,909件で、うち申告漏れ等が判明した非違件数は9,809件とのこと。
つまり、実地調査されたうちの82%で申告漏れ等が指摘されたことになります。(「税務通信№3337」参考)

相続税申告における非違の内訳としては、現金預貯金の申告漏れ等が1,189億円とトップで、次の土地412億円を大きく上回ります。

ここからいえるのは、税理士と相続人との意思疎通がうまくいかなかったがために発生した非違案件がいかに多いかということです。

相続税の申告をする際にもっとも難しいのは、被相続人から相続人へ資金の流入はないか、名義預金はないかを確認することだと思います。

そのためには、なぜ確認が必要なのかを十二分に説明する必要がありますが、中には調べられることを快く思わない方もいらっしゃいます。

相続人の方にご納得いただきご協力いただくのも、税理士の腕の見せ所なのでしょうね、、、

 

出生前診断費用の医療費控除

2014年11月25日|近藤会計

国税庁の質疑応答事例に出生前診断費用の医療費控除での取り扱いについて公表されました。


本件検査は、胎児の染色体の数的異常を調べるものであって、診断の一種であり、また、本件検査を行った結果、染色体の数的異常が発見されたとしても、それが治療につながらないとされていることからすると、本件検査は、妊婦や胎児の治療に先だって行われる診療等と解することはできません。
したがって、本件検査に係る費用は、医療費控除の対象となりません。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/80.htm


 

DNAに含まれる遺伝情報を解析するための費用でしかなく、治療行為とは結びつかないことから、医療費控除の対象外として取り扱うとのことです。
確定申告の際には注意ですね!

ふるさと納税特産品届きました

2014年11月23日|近藤会計

ふるさと納税

北海道栗山町よりふるさと納税特産品届きました。
今年の寄附金控除で適用しようと、かけこみの寄付となりました。

寄付が年末近かったため、人気の特産品は品切れでしたが、、、
それでも5,000円の寄付でこの量はすごいですね。
お米は話題の「ゆめぴりか」でした。色は真っ白、もちもちでおいしい。

かけこみで栗山町含めて3市に寄付をしたので、他の特産品も届き次第ご紹介します。

ふるさと納税による寄附金控除の恩恵は年単位ですので、平成26年の確定申告で寄附金控除適用をお考えの方はお急ぎください!!

 

国税庁のパンフ

2014年11月21日|近藤会計

 

所得税

退職

マイホーム

 

 

 

国税庁のパンフレット、いつからこんなにデザイン的になりましたっけ、、

小田原税務署の一角がおしゃれなカフェのようなたたずまいだったので、思わず手にとってしまいました。
小田原税務署には全部で21パターンありましたけど、すべてがとてもイメージしやすいイラストで。カラフルで。

イラストの効果は絶大ですね。これなら難しくても親しみやすい。

小田原の税理士 近藤慎之助

  • お客様の声
  • 若手税理士のいろはにほへと
  • よくあるご質問

近藤会計事務所

〒250-0055
神奈川県小田原市久野1668番地

  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お気軽にご連絡ください:0465-35-0744
  • お問い合わせ・ご相談はこちら
  • こちら久野山のふもとから
ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる