• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
若手税理士のいろはにほへと

若手税理士のいろはにほへと

   

日常の税理士業務の中で気がついたことや、研修や書籍で得た情報を含め、雑多にアップしたいと思っております。自分の勉強ノートを公開した程度のものだとご理解ください。特に税務知識については、同じような経験をされて判断に迷われている方のお力になれればとてもうれしく思います。なお、掲載した日時点の税法であり私自身の知識・経験によりますので、最新の情報等についてはご自身にて十分にご確認下さい。

若手税理士のいろはにほへと

ブログ相続税

月刊税理 臨時増刊号2022年10月 相続法と相続税について

2022年10月26日|近藤会計

早生柿をいただきました♪


臨時増刊号 いろいろな論点がまとまっておもしろかったです

特に

1.現金・金銭債権・預金・株式等の相続の効果

現金、預貯金、株式、国債等・・・遺産分割の対象。預貯金に関しては当然分割から遺産分割対象になり、分割の不公平さがなくなった反面、分割前の時点での払出しが難しくなりましたね

金銭債権・・・当然分割。預貯金も金銭債権だけれども、平成28年の最高裁で遺産分割対象とされたという、例外扱いという整理なのですね

2.半血兄弟姉妹と全血兄弟姉妹

平成25年に嫡出子と非嫡出子の相続分は均等とされたのは皆さんご存じかと思いますが、
それではなぜ半血兄弟はいまでも全血兄弟の2分の1なのか。
嫡出子と非嫡出子は親から子への相続であるのに対して、半血、全血は兄弟姉妹の間の相続であるため、その点が考慮されているのではないかと、なるほどです

上記以外にも
.遺産分割協議のやり直しについて
.遺留分侵害額請求権に対して金銭の支払いができない場合の問題
.相続分の譲渡
.共有持分の帰属と特別縁故者の財産分与

盛りだくさんでした

ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる