• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
若手税理士のいろはにほへと

若手税理士のいろはにほへと

   

日常の税理士業務の中で気がついたことや、研修や書籍で得た情報を含め、雑多にアップしたいと思っております。特に税務知識については、同じような経験をされて判断に迷われている方のお力になれればとてもうれしく思います。なお、掲載した日時点の税法であり私自身の知識・経験によりますので、最新の情報等については十分にご確認下さい。

若手税理士のいろはにほへと

所長のくつろぎ

税理士会小田原支部の方針について

2015年04月20日|近藤会計

所長の近藤正道です。

税理士会小田原支部の新しい執行部が本格的に動き出しました。

4月1日の第1回幹事会及び新旧役員意見交換会を皮切りに、6日予算編成会議、14日定例支部会懇談会及び第2回幹事会と短期間に濃縮された行事をこなしてきました。

この会議のなかで、私の支部運営に対する考えを述べさせていただきました。

 

1.歴代の支部長及び先輩方が築き上げてきた伝統をしっかりと引き継ぎつつ、時代に即応した会務を遂行します。小田原支部は昭和29年に発足以来61年の歴史があります。私は第36代目の支部長となります。支部長就任に当たり基本方針を読み返しました。各基本方針は完璧に練られており、つけ入る隙がありません。私は今までの基本方針をおおむね踏襲しつつ、変化する経済環境に柔軟に対応できる支部にしていきたいと思っています。

 

2.マイナンバー制度の導入及びその円滑な運営を目標とします。今年の10月からマイナンバーが各人に通知されます。そのために研修会の開催や情報提供等、適宜業務指導を実施します。マイナンバー制度は税法改正と違い、行政事務手続きの問題ですが、その取扱いには慎重を期さなければならないので、当執行部の大きな柱としました。

 

3.税理士会小田原支部をもっと地域住民に認知していただくことを目標とします。当支部では、確定申告期の無料相談、租税教室の開催等、多くの社会貢献活動を実施しています。このような税の啓発活動を地域広報誌に掲載し、税理士会の認知度向上を図りたいと思っています。

 

以上のように考えておりますので、皆様方のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

丹沢にお礼参り

2014年12月28日|近藤会計

所長の近藤正道です。

私の趣味は登山です。この時期のホームグラウンドは丹沢です。

今年は9月27日に丹沢に行って以来、ずっと山行をお休みしていました。

役員選考委員会で次期支部長を決めなければならなかったし、相続税のクライアントがサラリーマンの方が多く土日に相続税の打ち合わせをしていたのが原因です。
山行をやめると体調を崩し、風邪をひきやすくなります。
ジンクス通り風邪をひき、なかなか咳が抜けませんでした。

最近になりやっと咳も落ち着いてきたので、久しぶりに丹沢の塔の岳に行きました。

P1060960

3カ月ぶりで山用の筋肉がすべて落ちているので、まずはゆっくりと行きます。
駒止茶屋の先の木道が手前に延長されていました。
花立山荘の先の登りから、両足の大腿四頭筋が悲鳴を上げてきました。
落ち着いてゆっくりと行きます。

人懐こい小鳥が私を案内するように少し飛んではこちらを見ながらずっと登山道を先に飛んでいきます。
あれは「コガラ」ですね。
金冷やしまで来るとコツコツと音が聞こえてきます。
見上げると「コゲラ」が木をつついて虫を食べています。いや~、癒されるわ~。

コースタイム通り、登り3時間4分で山頂に着きました。
P1060964

できすぎだよ。明日筋肉痛になっていなければいいんだけどなぁ・・・。

山頂で、今年1年家族も大病なく無事に過ごせたことを山の神様にお礼を述べて感謝の意を表します。
下山にむかうとき、富士山の頂上から雲が流れていました。

P1060969

3,776メートルの世界では強風が吹き荒れているんでしょう。

無事に下山できてよかった。今日は本当にリフレッシュできた。
やはり丹沢に来てよかった。明日から年末調整をやる気力もわいてきた。

忘年会での挨拶

2014年12月22日|近藤会計

所長の近藤正道です。

忘年会シーズンの最盛期です。そんな中私も、さがみ信用金庫久野支店信和会の忘年会に出席してきました。

支店長のあいさつで始まり、信和会会長のあいさつと進み、副会長の乾杯へと移りました。

乾杯の前の言葉で、
「忘年会は『忘れる年の会』ではなくて、来年につながる『輝かしい年を望む会』との思いを込めて『望年会』ということで、乾杯~」
とあいさつがありました。

素敵な言葉だったので、このブログで皆さんに披露し、併せて私もこういう機会があったらぜひ頂戴したい言葉だと思いました。
・・・支部長の承認をいただいた後は、どうも人のあいさつが気になるようになってしまいました。

望年会では、ビンゴゲームをしたり会員同士のお話しも盛り上がり、有意義な時間を過ごさせていただきました。

さがみ信用金庫久野支店の皆様方、お世話様でした。

東京地方税理士会小田原支部の基本方針について

2014年12月12日|近藤会計

所長の近藤正道です。

11月20日の臨時総会で、次期支部長としての承認をいただきました。
さて、早速次期執行部の基本方針を制定しなければなりません。
まずは過去数年間の基本方針を比較検討しました。
歴代支部長の皆様方がこの基本方針にかける想いはいかほどかと思われます。一字一句すきがない。練り上げられた文面。余計な飾りをできる限りそぎ落とし、簡潔かつ明瞭に目的を表現しています。
う~ん、つけ入るすきがない。

と思っていたところに、国税局のホームページにマイナンバー制度のお知らせが発表されました。
税の公平性を保つには、マイナンバー制度は必要不可欠です。
このマイナンバー制度の取り扱いについて、次期執行部で各会員に周知徹底し、円滑に運営するように指導しなければならないでしょう。
これを次期執行部の基本方針に盛り込みましょう。

また、私としては、東京地方税理士会小田原支部の認知度アップを一つの大きな柱としていきたいと思っています。
税理士は、法律によって資格を与えられた唯一の税の専門家です。
我々東京地方税理士会小田原支部では、さまざまな社会貢献活動を実施しています。
この社会貢献活動を皆様方にご理解いただき、ひいては税理士会小田原支部の社会的認知度向上を図っていきたいと思っています。

この想いも基本方針に盛り込みたいと考えています。

ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる