• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
若手税理士のいろはにほへと

若手税理士のいろはにほへと

   

日常の税理士業務の中で気がついたことや、研修や書籍で得た情報を含め、雑多にアップしたいと思っております。特に税務知識については、同じような経験をされて判断に迷われている方のお力になれればとてもうれしく思います。なお、掲載した日時点の税法であり私自身の知識・経験によりますので、最新の情報等については十分にご確認下さい。

若手税理士のいろはにほへと

ブログその他

人口32万人自然減、プレプリント送付しない、税収下振れ

2017年07月06日|近藤会計

小田原の税理士の近藤慎之助です。

本日の日経新聞記事ですが、
いよいよ人口激減時代が本格化したのかと思いますよね
年50万人自然減もそう遠くない未来に感じます

また、財務省公表の昨年度の税収が見込みより2兆円下振れしたとか、
法人税の収入見込みが甘かった、その他の特殊要因で下振れしたとのことですが、

さらに、税理士会からの本日のメールには、今後は税務申告書のプレプリントの送付をやめますと、

人口減少が総ての要因に感じてしまうのは私だけでしょうか

これからの時代は年50万人ずつ減少していくことを前提に経営を考えないといけない時代なんでしょうね、

大企業はすでに人口激減を前提として変換していますが、中小企業も早い段階で人口減少に対応した
業務効率化を意識していかないといけないですし、それをサポートするのも我々の
仕事です。
事務業務の効率化が出来ないかと常に考えています。

で、早速東京国税局はプレプリント送付廃止により人件費等の経費削減しているわけで、
ほんとはプレプリント送って欲しいけど、それは正しい
税務署に備え付けられている紙の大半は処分してしまっていいハズです

お先真っ暗に感じてしまうけど、どこかに明るい道があるはずと
思わないと不安につぶされそうになります
 
今日も一日お疲れ様でした♪
今日はこれから飲みニケーション(^^)

ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる