• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
若手税理士のいろはにほへと

若手税理士のいろはにほへと

   

日常の税理士業務の中で気がついたことや、研修や書籍で得た情報を含め、雑多にアップしたいと思っております。特に税務知識については、同じような経験をされて判断に迷われている方のお力になれればとてもうれしく思います。なお、掲載した日時点の税法であり私自身の知識・経験によりますので、最新の情報等については十分にご確認下さい。

若手税理士のいろはにほへと

ブログその他

預かり保証金の評価、租税教室のお写真頂きました♪

2017年04月30日|近藤会計

小田原の税理士の近藤慎之助です。

今日は、木曜日に予定している相続税の一次報告会に向けて最終チェック。

預かり保証金の現在価値評価をどうするかあらためて確認します。

居住用マンションの預かり敷金を現在価値に割り引くかどうか悩みますが、

例えば、事業用物件の保証金で金額が3000万円となればとても気になります。

 

契約残存期間に応じて複利現価率により、保証金を現在価値に評価し直します。

今回の相続の例では保証金3000万円で残存期間が15年のため複利現価率は0.993

そのため現在価値は2979万円となり、評価差額は21万円。

基準利率が低い昨今では大きな影響はありませんが、これも適正に評価すべきです。

 

 

毎年、確定申告時期に行う租税教室のお写真をいただきました。

ありがとうございますm(_ _)m

写真は小田原市内の小学校での一コマ!

IMG_9887

なかなか学校の先生のように上手にはできません。途中、プロジェクターが切れてしまうアクシデントがあり、

私はアタフタアタフタ。

十分に準備して授業に挑んだはずなのに、やはりまだまだ勉強が足りません(^^;)

 

 

キャプチャみんなが手を上げてくれるとうれしくなります☆

 

ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる