• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
若手税理士のいろはにほへと

若手税理士のいろはにほへと

   

日常の税理士業務の中で気がついたことや、研修や書籍で得た情報を含め、雑多にアップしたいと思っております。特に税務知識については、同じような経験をされて判断に迷われている方のお力になれればとてもうれしく思います。なお、掲載した日時点の税法であり私自身の知識・経験によりますので、最新の情報等については十分にご確認下さい。

若手税理士のいろはにほへと

ブログその他

地積規模の大きな宅地の評価の通達が公表されました

2017年10月06日|近藤会計

小田原の税理士の近藤慎之助です。

ようやく、表題の通達がアップされました。

この3連休(のどこか)でしっかりと読みこなしたいと思います。

気になったのは2点、

1.いわゆる潰れ地が生じないであろう、羊羹切りで売れそうな広大な土地へ適用可能か
⇒ 適用可能 、ということで安心しました。恩恵を受ける地主の方も多いのではないでしょうか。

2.倍率地域は中小工場が多い地域であっても適用可能
⇒ 普通住宅地区に所在するものとして考えるから、工場多くても一切気にしないわけですね。

 
今日は、芝税務署に呼ばれまして相続税の意見聴取に
行ってきましたが、帰り際には、やはりこの、
地積規模の~通達の改正の話に!

税務署の現場でも市街地山林等の広大地評価では反映しきれない
土地の評価に苦慮していたようで、

今般の改正で上記の様な土地も宅地造成費等を考慮して適正な価格で
評価できそうな予感がしています。

私としては、うれしい改正だと思っています(^^)

 
早速フローチャートを掲載してくれてます(国税庁より抜粋)

ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる