• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
デキる弁護士の遺言書

相続

デキる弁護士の遺言書

2014年11月27日|近藤会計

 

  遺言書

私は全財産を妻○○○○(昭和30年3月3日生)に相続させる。

平成26年11月27日

○○○○ 印

 

以前受講した研修で紹介されていた、デキる弁護士が提案する遺言書の例文。
遺言書の作成で来所されたお客様に、まずはこの一文の自筆証書遺言を書いてもらうそうです。

これで、公正証書遺言への一歩を踏み出し、
仮に正式(?)な遺言書を作成する前にお亡くなりになられても、
被相続人の遺志を明確にしておけるとのこと。

なるほど、と思いました。

この一文なら誰でもその場で書けますし、遺言書に対するハードルもグッと下がると思います。お客様に実際に実行していただくのが何よりも大切です。

でも、一刻も早く正式な(例えば遺留分を考慮した)公正証書遺言書を作成する方がベストですね。 

 

  • お客様の声
  • 若手税理士のいろはにほへと
  • よくあるご質問

近藤会計事務所

〒250-0055
神奈川県小田原市久野1668番地

  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お気軽にご連絡ください:0465-35-0744
  • お問い合わせ・ご相談はこちら
  • こちら久野山のふもとから
ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる