• お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 電話をかける
  • MENU
若手税理士のいろはにほへと

若手税理士のいろはにほへと

日常の税理士業務の中で気がついたことや、研修や書籍で得た情報を含め、雑多にアップしたいと思っております。特に税務知識については、同じような経験をされて判断に迷われている方のお力になれればとてもうれしく思います。

若手税理士のいろはにほへと

ブログ所長のつぶやき

丹沢、新春祈願山行記

2018年01月04日|近藤会計

所長の近藤正道です。

毎年1月2日は丹沢塔ノ岳へ新春祈願のため登っています。今年も例年通り登ってまいりました。

6時27分、丹沢登山口の大倉を出発します。まだ日の出前なので真っ暗です。

そして頭が痛くなるほど寒い。この寒さをしのぐためには、必死に歩くことです。

歩き始めて15分で、最初の山小屋「観音茶屋」に到着。やっと寒さから解放されます。しかしまだマスクははずせない。あっ、そうなんです、私は寒暖差アレルギーがあるので冬の登山にマスクは必需品です。

観音茶屋を通り過ぎ、見晴し山荘、駒止小屋、堀山の家と軽快に通り過ぎます。天神尾根との合流地点にて水分補給で2分休憩。近くのブッシュでコガラの集団がなにかおしゃべりをしています。さてさらにぐいぐいと登ります。花立小屋を通り抜けて振り返れば、おおっ、朝日に輝く相模灘。真鶴半島や伊豆半島、江ノ島や、遠くには伊豆大島も望めます。

鍋割山からの稜線と合えば、あと一登り。8時39分に山頂到着。登り2時間12分はまずまずの好タイム。還暦を過ぎてなおコースタイムを更新できるのはうれしいことです。

山頂はものすごい北風。指先の感覚がなくなるほどの寒さ。そんな中でも富士山は、凛とたたずんでおられました。

例年通り、家族の健康とお客様のますますの発展をご祈願します。

尊仏山荘でコーヒーを頼んで一息入れて下山に向かいました。

みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

ページトップへ
× メニューを閉じる
× メニューを閉じる